社会人なら読書を怠るな!本を読むメリット4選

本一般

現役商社マンのぼーの(@booono_net)です。今回の記事では、

社会人が読書をするメリットを4つご紹介していきます。

✓自己啓発本やビジネス書は活字ばかりで読む気にならない…

✓周りに読書をしている友人や同僚が少なくて、本を読むきっかけがない

上記の内容に当てはまる社会人の方も多いのではないでしょうか。

あなたは普段、こんな言葉を聞いた覚えはありませんか?

「成功したいなら本を読め」

「成功者の中には読書家が多い」

聞いたことはあるけれども、ほとんど聞き流していた方がほとんどだと思います。

そんな社会人の方々に向けて、本を読むことのメリットをお届けしていきます。

「社会人なら読書を怠ってはいけません!」

スポンサーリンク

日本人は外国人と比べて読書量が圧倒的に少ない

book

日本人は外国人と比べて、読書量が圧倒的に少ないことをご存知でしょうか。

以下では、日本と外国それぞれの読書量について見ていきましょう。

日本人の読書量

2019年10月29日、文化庁は「国語に関する世論調査 平成30年度版」を発表しました。

「国語に関する世論調査 平成30年度版」

調査対象 全国 16 歳以上の男女

調査時期 2019 年 2月~3月

調査対象総数 3,590 人

有効回答数(率) 1,960 人 ( 54.6% )

引用元:文化庁:国語に関する世論調査一覧

上記の調査の中に、「1カ月に何冊ぐらい本を読むか」という項目があり、結果は以下の通りとなっています。

読まない:47.3%

✓1冊~2冊:37.6%

✓3冊~4冊:8.6%

✓5冊~6冊:3.2%

✓7冊以上:3.2%

上記の結果から、約半数近くの方たちが普段から全く読書をしていないことが分かります。

外国人の読書量

2017年3月、ドイツの調査会社GfKは「読書頻度に関する調査 」を発表しました。

「読書頻度に関する調査 」

調査対象国:17ヵ国

調査対象者:22,000人のインターネットユーザー

引用元:GfK – Frequency of reading books

上記の調査の中に、「どれぐらいの頻度で本を読むか」という項目があり、結果は以下の通りとなっています。

順位ほぼ毎日(%)週1(%)月1(%)読まない(%)
1中国36341614
2スペイン32251627
3イギリス32241628
4イタリア30261925
5米国30251629
6ロシア29301625
7カナダ29221633
8フランス27211933
9アルゼンチン26272027
10ブラジル26271829
11ドイツ25251832
12オーストラリア23192038
13メキシコ22302424
14オランダ22201543
15日本20241640
16ベルギー19182043
17韓国13242241

日本の読書量は17ヵ国中15位となっており、世界的に見ても読書量が少ないことが分かります。

社会人が読書をするメリット4選

本

社会人が読書をするメリットは以下の通りです。

✓知識の総量が増える

✓人との交流の話題作りになる

✓社会人としての教養が身に付く

✓新しいアイデアを生むきっかけになる

上記に挙げた内容はすべて、社会に出て非常に役に立つものばかりです。

では、ひとつずつ解説をしていきます。

知識の総量が増える

「本」は先人たちが残した知識の財産です。

ビジネスの成功者は決まり文句のように「本を読め」と言います。

それは、本を読むことで著者と同じ体験をしなくても知識を獲得することができ、効率が圧倒的に良いからです。

成功者が膨大な知識を持っているのは、読書量が多いことが起因しています。

知識の総量が増えるということは、ビジネス面だけでなく人生を豊かにするという面でも役立ちます。

人との交流の話題作りになる

「本」は人と交流する際の話題作りにも役立ちます。

特に若手社員の場合だと、上司やクライアントの方と話をする際に話題に困る場面が出てきます。

その際に「本」の話題を出すことで、他者から見たあなたの評価は間違いなく向上するでしょう。

「読書をする」という行為は、あなたの知識を養うだけではなく、第三者からの評価も上げてくれる「魔法のツール」なのです。

社会人としての教養が身に付く

教養を身に付けることで、あなたの普段の振る舞いは大きく変化します。

「他者との関わり方」や「仕事の進め方」などを掴むことは、あなたの今後の社会人生活を支える大きな手助けとなります。

また、教養を身に付けることができれば、他者に対して物事を教えることがうまくなり、周囲の人もあなたを頼る機会が増えてくるでしょう。

教養を身に付けることは、自身の成長に直接作用することになるのです。

新しいアイデアを生むきっかけになる

新しいアイデアを生み出すためには、様々な視点から物事を捉える必要があります。

「本」は様々な考え方や価値観を知ることができる非常に便利なツールです。

読書を通じて磨かれた感性は、新しいアイデアを生み出すための重要な基盤となり、あなたの今後のビジネスチャンスの幅を広げてくれます。 

もちろん、著者の考え方を鵜吞みにする必要はありません。

読書を通じて他者の考え方に触れながら、あなた自身の考えや価値観を形成していくことが重要なのです。

社会人におすすめの読書方法

私が社会人の方におすすめする読書方法は、「Amazon Audible」を使った「耳で聴く読書」です。

Amazon Audible(オーディブル)とは、Amazonが提供しているオーディオブック配信サービスです。

実際に使ってみたレビュー記事については、下記をご覧ください。

パソコンやスマホ・タブレット上で、ナレーターが本を読み上げてくれるので、活字を読むのが苦手な方でも読書を楽しむことができます。

毎日の通勤・通学中などのスキマ時間に両手を使うことなく読書ができるということで、近年、人気が急増しているサービスとなっています。

Audible(オーディブル)は、オーディオブックサービスの中で最大の書籍配信数を誇っており、「40万冊以上」もの書籍を配信しています。

取り扱っている書籍のジャンルも様々なものがあります。

✓小説

✓ビジネス

✓自己啓発本

✓英語学習本

✓その他様々なジャンル

Audible(オーディブル)を使えば、あなたにピッタリの本が必ず見つかるはずです。

まずは、無料体験期間中に一度試してみることをオススメします。

Audible体験

社会人なら読書を怠るべからず

いかがでしょうか。

今回の記事では、社会人が読書をするメリットを4つご紹介してきました。

読書をすることで得られるメリットは、社会人生活の中で非常に役立つものばかりです。

「まずは、月に一冊」

この記事をきっかけに、読書に挑戦する方が増えてくると嬉しいです。

では、また次回の記事でお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました