未経験の職種に転職するには何歳までが限界なの?

転職転職

現役商社マンのぼーの(@booono_net)です。今回の記事では、

未経験の職種に転職するには何歳までが限界なのかについて解説を行っていきます。

近年、終身雇用制度の崩壊に伴い転職活動が当たり前になってきている中で、誰しも一度は転職について考えたことがあるのではないでしょうか?

転職を考える際のポイントの1つになってくるのが「年齢」だと思います。

✓新しい職種に挑戦したいけれど、年齢が気がかりで一歩を踏み出せない

✓未経験の職種に挑戦するには20代までが限界だと聞いたことがある

上記の内容に当てはまる方は、是非この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク

未経験の職種に転職するのは20代のうちがおすすめ

未経験の職種への転職に挑戦する場合は、やはり20代のうちがおすすめです。

近年、年功序列制度の崩壊や働き手の不足などの影響から、採用時に年齢を過大に考慮する企業は少なくなってきています。

それでも、未経験職種への転職は20代のうちが有利となっています。

2013年にパーソルキャリアがdodaエージェントサービスを利用して転職したビジネスパーソン約10,000人に行った調査によると、

24歳以下では48.0%だった割合が、年齢が高くなるにつれて減少していき、35~39歳では28.0%まで低下しています。

引用:doda

上記からも、未経験職種への転職には20代が有利なことが分かると思います。

未経験職種への転職に20代が有利な理由

企業側が応募者の中から20代の方を優遇する理由としては下記の2つが挙げられます。

✓未経験職種への応募の場合はスキルよりもポテンシャルを重要視するため

✓企業固有のカラーに染まっていない人材が多く、自社の経営理念や方向性を共有しやすいため

未経験職種への応募者を採用する場合、企業側は「業務に対する専門知識や現状のスキルの高さよりも、将来性を重視した人材採用」を行います。

2年から3年の社会人生活を通じて、社会人としての言葉遣いやマナー、コミュニケーション能力を身に付けた人材は、今後の伸びしろに期待される部分も多く、採用時に優遇される傾向にあります。

また、固有の企業カラーに染まっていない20代の人材に対して研修を行っていくことで、自社の経営理念や方向性を共有しながら将来の幹部候補を育成することができます。

30代以降に未経験職種へ転職する場合は?

✓30代を過ぎると、やっぱり未経験の職種への転職は難しいのか…

上記のような考えを持たれた方も、中にはいるのではないでしょうか?

20代の方に比べれば多少低くはなりますが、30代の方についても「強み」を活かすことで、転職のチャンスは十分にあります。

30代の社会人が持つ強みとしては、やはり「経験の豊富さ」。

30代以降になって未経験職種へ転職する場合、企業側に求められているポイントは下記の通りです。

✓同業界での実務経験やスキル

✓チームのマネジメント経験

後輩を指導する力や、チーム全体でプロジェクトを推進する力など、20代の人材には無い経験は新しい会社でも十分活かせるスキルとなりえます。

応募書類や面接の際には、上記のポイントを面接官に伝えることが重要となってきます。

未経験の職種への転職を成功させるためには

転職

未経験の職種への転職を成功させるためには、どうすれば良いのでしょうか?

成功のために重要なことは、「覚悟の大きさ」です。

✓なぜ新しい職種に挑戦したいのか

✓未経験だけれども、あなたを採用することのメリットは?

上記のような内容は、採用面接の際に必ず質問されます。

未経験の職種に挑戦する場合は、経験者の応募者に比べるとスタートラインは後ろにあることは間違いありません。

この差を埋めることが何よりも重要です。

自己分析の徹底や、「転職エージェント」を使った志望動機のブラッシュアップを行うことで、採用の可能性を大きく上げることができます。

まとめ

今回の記事では、未経験の職種に転職するには何歳までが限界なのかについて解説を行ってきました。

基本的に「転職」自体に年齢制限はありませんが、未経験職種への転職は20代のうちがおすすめです。

✓なぜ新しい職種に挑戦したいのか

✓未経験だけれども、あなたを採用することのメリットは?

転職活動を行う際は、上記の内容を意識して企業に伝えられるようしましょう。

では、また次回の記事でお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました