「ポテンシャル採用」とは? 転職を考えている20代・30代の方は要チェック

ポテンシャル採用転職

現役商社マンのぼーの(@booono_net)です。今回の記事は、

企業の採用制度として年々増加傾向にある「ポテンシャル採用」について解説していきます。

✓新卒で入社した企業の業務内容が想定と大きく異なっていた、、

✓他の業界に興味はあるけれど、経験やスキルがなくて不安、、

上記の内容に当てはまる方は是非この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク

ポテンシャル採用とは

企業の中途採用には「即戦力採用」「ポテンシャル採用」があります。

「即戦力採用」とは転職前のキャリアの中で業務に対する専門知識やスキル、経験を身に付け、入社後すぐに現場で能力を発揮することができる人材を対象にした採用制度のことです。

一方で「ポテンシャル採用」とは、業務に対する専門知識や現状のスキルの高さよりも、将来性を重視した人材の採用制度を指しています。

大手企業だと「ヤフー株式会社」「エイベックス株式会社」といった企業が「ポテンシャル採用」を導入しています。

なぜポテンシャル採用が増えているのか

企業の立場だと、入社後すぐに能力を発揮できる即戦力人材の方が欲しいはずなのに、なぜポテンシャル採用が増えているの?

上記のような疑問を抱いた方がいると思います。

そこでまずは、ポテンシャル採用が増えてきた背景のご説明をします。

少子高齢化の影響によって、就活生全体の母数も少なくなってきている中、リーマンショック等の不況時に新卒採用枠を狭めていた企業では20代の人材不足が深刻な問題になっています。

上記のような理由で、近年、若手人材の積極採用を目的にポテンシャル採用を導入する企業が増えてきているのです。 最近では20代だけでなく30代の方もポテンシャル採用の枠に含めている企業も増えてきています。

また、企業側における「ポテンシャル採用」のメリットは下記の内容が挙げられます。

✓新卒と異なり、社会人としての言葉遣いやマナー、コミュニケーション能力が備わっている人材を確保できる。

✓固有の企業カラーに染まっていない場合が多く、自社の経営理念や方向性を共有しやすい。

ポテンシャル採用のメリット

企業側における「ポテンシャル採用」のメリットをご説明しましたが、一方で転職者側のメリットとしてはどのようなものがあるのでしょうか。

転職者側のメリットとしては下記のようなものが挙げられます。

✓幅広い経験や高いスキルがなくても新しい業界にチャレンジすることができる。

✓入社後、新入社員と同等レベルの教育・研修制度を受けることができる場合がある。

入社後、新入社員と同等レベルの教育・研修制度を受けることができる点については特に魅力的なメリットだと思います。企業側としても、固有の企業カラーに染まっていない方に対して研修を行っていくことで、新卒入社の方と同様、 自社の経営理念や方向性を共有しながら将来の幹部候補を育成することができます。

まとめ

これまでご紹介してきたように「ポテンシャル採用」は「即戦力採用」とは異なり、現状の業務知識やスキルに関わらず、企業や組織での将来性や、自己の潜在能力を評価する人材採用制度のことです。

✓現在勤めている会社に不安・不満を抱いている方

✓他の業界のお仕事に興味を抱いている方

上記のような方々にとって、「ポテンシャル採用」は思い切った方向転換をするチャンスです

「興味はあるけどなかなか一歩が踏み出せない、、」

そんな方は試しに転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

ではまた次回の記事でお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました