【プログラミング初心者必見】自習型勉強会「もくもく会」について徹底解説

プログラミング

現役商社マンのぼーの(@booono_net)です。今回の記事は、

✓これからプログラミングの勉強を始めようと考えている方

✓プログラミングの何から学べば良いか分からない方

✓なかなか勉強が継続できない方

上記のような方々に本気でおすすめしたい自習型勉強会「もくもく会」についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

もくもく会とは

プログラミングの勉強会としてよく耳にする「もくもく会」ですが、馴染みのない方もいると思います。

もくもく会とは、各自で学習したい内容や教材を持ち込んで学習を進める「自習型の勉強会」を総称した呼び方です。

身近なものとしては学習塾等にある自習室のようなものをイメージすると分かりやすいと思います。

各都道府県ごとに開催されており、最近ではオンライン上で参加できる「もくもく会」も増えてきているため、気軽に参加できる勉強会となっています。

勉強会ごとに学習テーマ(Python、Ruby、PHPなど)が決まっているものもあれば、その場で自身が勉強したいテーマを決めて勉強することも可能です。

プログラミング初心者が「もくもく会」に参加するメリット4選

プログラミング初心者の方が「もくもく会」に参加するメリットを紹介します。

モチベーションが高まる(これが1番重要)

✓似たような実力の人が集まる・ライバルが見つかる

✓情報交換ができる

✓人脈が広がる

以下では、それぞれのメリットについて解説していきます。

モチベーションが高まる

「もくもく会」に参加する最大のメリットが「モチベーションの向上」だと思います。

プログラミングの勉強を始めてみたけど、1人だとなかなか勉強を継続できない、、、

上記のような悩みを抱えている方も多いと思います。

実際にもくもく会に参加してみると、周囲には黙々とプログラミングの勉強を進めている方が大勢います。

そういった環境に身を置くことで、必然的に勉強に集中できる環境を作り出すことができ、モチベーションの向上に繋げることができます。

似たような実力の人が集まる・ライバルが見つかる

もくもく会に参加すると、似たような実力の方に会う場面がたびたび出てきます。

もくもく会は何回も継続的に開催されることが多いため、自分の実力と似ている方をライバルに設定することで良い刺激を受けることができ、1人でプログラミングの学習をするよりも高い学習効率を生むことができます。

プログラミング初心者の方については、イベント開催者や他の参加者の方からおすすめの参考書や勉強法などについて聞くこともできるため、安心して参加することができます。

情報交換ができる

もくもく会では、成果発表や最新技術に関するプレゼンを聞ける場面もあります。これも大きなメリットの1つです。

様々なテーマに関する話を聞くことができるため、今まで興味のなかった分野についての知見も深めることができます。こういった知識が数珠つなぎのように繋がっていき、新しいアイディアに結びつくチャンスも出てくるでしょう。

プログラミングの勉強に疲れた際の、良い気分転換として使うのも良いかもしれませんね。

人脈が広がる

最後にお伝えしたいメリットとしては、人脈を広げることができることです。

実際にもくもく会に参加してみると、IT業界で働いている人はもちろん、他の業界で働いている人、大学生、そして主婦の方など様々な方が参加されていました。

「1人で勉強をした方が集中できる」といった方も、「勉強」を目的にするのではなく、「人脈作り」を目的に参加されるのも良いと思います。

「もくもく会」に参加する方法

では次に「もくもく会」に参加するための方法をお伝えします。

【用意するもの】

・Twitterのアカウント(これだけです

  1. 「connpass」にアクセス後、画面右上の「ログイン・新規登録」ボタンをクリック。
  1. 画面右側の「Twitterで登録/ログイン」ボタンをクリック。
  1. Twitterのユーザー情報を入力して「connpass」との連携を行います。
  1. トップページ下側にあるカテゴリ一覧から、自分の興味のあるカテゴリをクリック。
  1. イベント一覧から参加したいイベントをクリック後、参加申し込みを行います。以上でもくもく勉強会に参加する準備が整いました。

実際に「もくもく会」に参加してみた

実際に「もくもく会」に参加してきたので、実際の勉強会の様子についてご紹介します。

開催場所は駅近くのビルのレンタルスペースでした。(開催場所は各イベントによって異なります。)

参加人数は15人ほどで初参加の方が7割以上でした。1人参加の方が多く私も安心して参加することができました。

参加している方については、ネットワーク、広告、商社などの企業に勤めている方から大学生、主婦の方まで様々でした。

当日の流れとしては以下の通りでした。

①簡単な自己紹介(30秒ほど)

②学習するテーマ・内容の設定

③ひたすら勉強!

簡単な自己紹介では、30秒ほどで簡単なプロフィールと学びたい事の共有を行ないました。自分の目標を実際に言葉で表現することで目的の明確化ができ、モチベーション向上に繋げることができました。

勉強会の時間は約2時間程でした。

私がもくもく会で学習した内容としては、勉強会前に書店で購入した参考書の内容をもとに勉強を進めました。

✓「Pythonではじめるデータラングリング(オライリー・ジャパン)」

✓「退屈なことはPythonにやらせよう(オライリー・ジャパン)」

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、プログラミングをこれから始めようと考えている方やプログラミング初心者の方に向けて、是非おすすめしたい「もくもく会」についてご紹介を行ないました。

✓「なかなか1人だと勉強が続かない、、、」

✓「似たような実力の人と一緒に勉強をしてモチベーションを上げたい」

こういった悩みを持つ方にとって参考になれば嬉しいです。

ではまた次回の記事でお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました